--bg_header_image--


+

プロフェッショナルケアを提案する前に

 「一生自分の健康な歯で美味しく食べたい」
 「二度とむし歯や歯周病になりたくない」
 「キレイな歯でいつまでも若々しくいたい」 など。

患者さん一人ひとりの願いを実現するために必要なこと。それは、 “セルフケア”と“プロフェッショナルケア”の両立です。

患者さんのなかには、「定期的に歯医者に通っていれば大丈夫だろう」と、思われている方もいるかもしれません。
でも、歯や歯肉を健康な状態で保つためには、自分にあった適切なセルフケアがポイント。そのために、歯科衛生士がきちんとその人に合わせたセルフケアの方法を伝え、自己診断ができるように教育していくことが欠かせません。

とはいえ、当然セルフケアだけでは手が届かない部分があります。そこで歯科衛生士の出番です。患者さんが自分ではケアできない部分をプロのスキルと視点でケアすること。それが、本来のプロフェショナルケアの役割だと考えます。

次へ進む

--head--

こちらもおすすめ

Recommend

--foot--

サンプル・資料請求

Sample

--line--

まずは無料サンプルで使い心地をお試しください。
資料をご希望の方もこちらからご請求ください。

登録はこちら

--foot--

無料情報誌

Tuft club

--line--

「タフトくらぶ」
本誌は年10回発行。歯科衛生士・衛生士学校生であればどなたでも無料購読できます。

登録はこちら

--foot--

メールマガジン

Mail Magazine

--line--

「メールdeお知らせ」
登録すれば安心!楽チン!
おすすめの最新セミナー情報をメールでお届けいたします。

登録はこちら

--foot--

--foot--