fluorfloss made in ITALY

フロアフロスのお作法

健康な歯ぐきを保つ、簡単テクニック

はじめる前に

もう一度見る

40~50センチ(指先から腕ぐらいまで)にカット。“中指”に巻きつけます。

人差し指だとうまくいかないので要注意!

持ち方~奥歯~

上の奥歯に入れるときは、中指に巻きつけた糸を、両手の人差し指で下から持ち上げるようにします。
下の奥歯も持ち方は同じです。

持ち方~前歯~

上の前歯に入れときは、片方の親指と片方の人差し指で下から持ち上げるようにします。
下の前歯も持ち方は同じです。

動かし方

もう一度見る

フロアフロスを片方の歯に沿わせ、のこぎりのようにゆっくり動かします。
そして、歯ぐきの中1~2ミリのところまで挿入。この部分を2~3回こすると、汚れがしっかり取れます。

歯ぐきの三角になっているところにグサッといかないよう注意!

糸の巻きとり方

もう一度見る

1か所お掃除したところには、ごっそりとれたプラークが! 汚れたところは巻きとり、キレイなところを出して次の場所をお掃除しましょう。

フロスを通す順番

奥歯はもっとも細菌のたまりやすい場所。だからこそ、一番集中力の高いときに、“奥歯から先に”フロスを通すことが大切。それが、歯を守るための一番の近道です。

お掃除した後に

使い終わったフロアフロスをちょっと観察してみましょう。「汚れがしっかりからみついている」「なんだか糸がニオウ」。これが、きちんとお掃除できた証拠です。

BUY NOW フロアフロスのご購入

ページトップ