DENTAL HYGIENISTSDHの方へ

DHができる8のこと

患者さんの歯と健康を生涯にわたって守るために。
歯科衛生士が実践できる“8つのキーワード”をご紹介します。

01

本当のPMTC

本当のPMTC

PMTCの第一人者であるアクセルソン博士は、「“本当のPMTC”とは、キーリスクとなる歯の、キーリスクとなる歯面を集中的にクリーニングすること。リスクのない歯面のクリーニングやポリッシングはナンセンスである」と話しています。
叢生部位、隣接面、歯頸部、矯正装置周辺など、人それぞれリスク部位は異なります。全員一律で表面のみをクリーニングし、その人のリスク部位に注目しないのであれば、生涯の健康を実現することはできません。反対に、リスク部位に特化したPMTCとセルフケアの強化を行なえば、アクセルソン博士の研究で示されているとおり健康維持を実現できます。これにより、顧客の口腔内の変化に合わせてコミュニケーションの強化も図ることができます。患者さんにとっても、リスク部位に注目することは、普段意識すべき場所を把握するきっかけとなります。

閉じる

07

スウェーデン型プラークコントロール

スウェーデン型プラークコントロール

予防先進国のスウェーデンでは、30年前から「確実」かつ「適切」にケアできることを重視したセルフケアが提案されています。
その方法は、一番集中力の高い「最初」に、叢生部位や隣接面などのリスク部位をフロスやワンタフトブラシなどを使って集中的に磨きます。その後、3列ブラシで全体を磨きます。この方法により、同じ時間でもPCR値が半分以下に下がることがわかっています。特別なテクニックを必要としないため、患者さんは、とても簡単に取り組むことができます。

PCR下がるグラフ

閉じる

02

リスク評価

リスク評価

むし歯や歯周病は、さまざまなリスクファクターが重なり合って発症します。患者さん一人ひとりによって、「なぜ起こるのか」「何が原因なのか」は違うのです。「疾患が多い=リスクが高い」ではないからこそ、患者さんそれぞれの原因やなりやすさを把握し、適切な対策を立てることが、むし歯や歯周病の予防につながります。
そして、一般論ではなく患者さん一人ひとりに合わせた個別の対策であることをしっかりと伝えることで、モチベーションアップと行動を変えることに導けるのです。

閉じる

05

ジンジバル・プラークコントロール

ジンジバル・プラークコントロール

健康大国日本。それにも関わらず、成人の8割が歯周病に罹患しているのはなぜでしょうか? 歯周病はさまざまな原因が複雑に絡み合う病気ですが、一番の要因は、歯肉縁上・縁下1~2mmに付着した歯肉(ジンジバル)のプラークが落とせていないことです。
3列ブラシは歯の表面はキレイにできますが、歯と歯のあいだ、特に歯肉のなかまでは届きません。そのため、歯肉のなかにスッと入り込み、プラークを掻き出すフロスの使用が必要です。欧米では当たり前になっているフロスを習慣にすることが、日本人の歯周病罹患率は大きく減らす近道です。

閉じる

06

マイナス1歳

本当のPMTCって?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには、むし歯菌はいません。むし歯菌は、だ液を介して人から人へうつります。
お子さんにとってもっとも身近な存在であるお母さんは、特に注意。お母さんのお口のなかにむし歯菌が多いと、お子さんに感染する確率が高くなります。そのため、妊娠中(マイナス1歳)から、お母さんを始めとしてご家族のむし歯菌をコントロールしておくことがお子さんのむし歯予防の始まりになります。

閉じる

04

からだを診る

からだを診る

口腔内の健康のために注目すべきなのは、お口のなかだけでしょうか? いいえ、口腔内の細菌を取り除くプラークコントロールに加え、全身の免疫力を高めることが大切です。免疫力が高まると、細菌への抵抗力がアップするからです。免疫力は、小腸に免疫細胞として6~7割集まっています。小腸ケアをすることが免疫力を高める近道です。
免疫力は、どんなに健康な人でも20歳台をピークに低下することがわかっています。歯周病予防のためにプラークコントロールを提案しているのに、なかなか歯ぐきが改善しない、歯周病治療が思うように進まない。そんな患者さんには、「下がってから対処する」のではなく、睡眠や食生活の改善、乳酸菌の摂取など「下がらないように日頃から免疫力を高めておく」というプラスの提案をしませんか?

閉じる

08

トリートメントブラッシング

本当のPMTCって?

透明感のある白い歯にするためには、エナメル質の健康的な美しさをできる限り引き出すことです。『アパガードリナメル』を使ったトリートメントブラッシングは、歯とほぼ同じ成分である「ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト」が傷ついた歯の表面を修復し、内部にまでミネラルを補給します。歯の表面 には、ステインやプラークなどの汚れがつきにくくなり、汚れを「落とす」のではなく、「つきにくく」し、健康な歯へ導きます。

閉じる

03

トリートメントケア

トリートメントケア

髪の毛と同じように、歯にもトリートメントがあるのをご存知ですか? 『リナメルトリートメントペースト』を使った「歯のトリートメント」は、歯をなめらかにし、ステインやプラークなどの汚れがつきにくくなります。
また、歯がなめらかになることで、患者さんは心地よさを体験できます。汚れを落とした「ゼロ」の状態だけでなく、気持ちのよい「プラス」の体験をつくることで、患者さんの「また通いたい」「もっと健康になりたい」という欲求を引き出すことができ、関係性づくりにつながります。

閉じる